美深チョウザメ館
美深チョウザメ館
本物のチョウザメを観察しながらその生態を学ぶことができるユニークな施設。
昭和58年に水産庁の養殖研究機関として300匹のチョウザメが三日湖に放流された
のがきっかけで、平成9年この施設が造られました。6種約1,200匹のチョウザメが
飼育され、ふ化事業を行う一方で、キャビアなど特産品開発にも力を注いでいます。


- 基本情報 -
URL http://www18.ocn.ne.jp/~bfkonsen/same.html
営業時間 9:00~17:00
休館日 月曜日
入館料 無料
アクセス JR「美深駅」から思根内行きバス約15分
住所 北海道中川郡美深町字紋穂内
TEL 01656-2-2595
備考
撮影日 2011年10月


- 館内紹介 -

美深チョウザメ館は森林公園びふかアイランド内にあります。
建物外観と入口
「エントランスホール」
受付は無人で、名簿が置かれてあります。
「チョウザメの展示水槽」
大きな円形水槽で、ベステルやホシチョウザメなど世界のチョウザメ8種類を展示。
「天塩川の魚たち」
チョウザメの他に、ヤマベやウグイなどの天塩川で生息している魚を展示。
「飼育展示室」
幼魚用から成魚用まで成長過程に合わせて4つの水槽でチョウザメを飼育展示。


- 生物紹介 -

ベステル
シベリアチョウザメ
ベステル
シベリアチョウザメ
シロチョウザメ
ロシアチョウザメ
シロチョウザメ
ロシアチョウザメ
コイ
ウグイ
コイ
ウグイ

- コメント -
名前   削除キー