マリンピア松島水族館
マリンピア松島水族館
マリンピア松島水族館は、宮城県松島町にある日本三景・松島の松島海岸公園
近くに建つ日本で2番目に長い歴史を持つ水族館です。
イロワケイルカやマンボウがおり、アシカのショーが人気の的です。
海の世界の鼓動に出会い、素敵に感動マリンピア。


- 基本情報 -
URL http://mptest.marinepia.co.jp/
営業時間 3月~7月、9~10月 9:00~17:00 (最終入館 16:30)
8月1日~8月31日  9:00~17:30 (最終入館 17:00)
11月~2月      9:00~16:30 (最終入館 16:00)
休館日 年中無休
入館料 大人(高校生以上) … 1,400円
小中学生      …  700円
幼児(3歳以上)  …  350円
アクセス JR「松島海岸駅」から徒歩3分
住所 宮城県宮城郡松島町松島字浪打浜16
TEL 022-354-2020
備考 2015年5月10日に閉館
撮影日 2015年2月


- 館内紹介 -

建物外観
「マリン広場」
頭上にはモノレールが走っており、水族館本館への入口があります。
「ジャングルゾーン」
アマゾン川流域に生息する南米最大の淡水魚ピラルクなどが泳いでいます。
ナンヨウハギやトラザメなどが泳ぐ「個水槽」と「ゴマフアザラシ」
「海のふしぎ館」
大小様々な水槽に、暗闇の中光に照らされた神秘的なクラゲの姿が浮かびます。
「黒潮の海」
約30種100尾を展示しており、黒潮の海にすむ個性的な大型魚に出会えます。
「バイカルアザラシ」
世界で最も深いロシアのバイカル湖だけに生息する小さなアザラシ。
「希少生物コーナー」
オオサンショウウオや金魚に似た魚テツギョなどを展示しています。
「イロワケイルカ」と「マンボウ」
マリンピア松島水族館では、日本で初めてイロワケイルカの繁殖に成功しました。
「マリンガーデン」
カクレクマノミやチンアナゴなど、海底を彩る無脊椎動物たちを展示しています。
「おもしろアクア・ラボ」
デンキウナギやテッポウウオなど、不思議でおもしろい生きものたちを紹介。
「アシカショー」
ステージやプールで、愛嬌たっぷりのアシカたちが様々な技を披露します。
「ペンギンランド」
マゼランペンギンやマカロニペンギンなど、7種類のペンギンがすんでいます。
「ビーバー」
ヨーロッパや中国・北米大陸の内陸に住んでいるアメリカビーバー。
「乗り物コーナー」
メリーゴーランドやアストロジェットなどレトロな乗り物が置いてあります。
「おもいで博覧会」
松島水族館、88年間の歩みの記録をパネル展示や貴重な資料とともに展示。
「流氷の妖精クリオネが1,000匹やってきた~!」
非常に珍しいクリオネの仲間ペドクリオネも同じ水槽に展示しています。
「松島かき小屋」
近海で水揚げされた新鮮な殻付き牡蠣が食べ放題。


- 生物紹介 -

サザナミトサカハギ
イロカエルアンコウ
サザナミトサカハギ
イロカエルアンコウ
テツギョ
サバクツノトカゲ
テツギョ
サバクツノトカゲ
メガネカイマン
アメリカビーバー
メガネカイマン
アメリカビーバー

- コメント -
名前   削除キー