留辺蘂 山の水族館・郷土館
留辺蘂 山の水族館・郷土館
北海道内に生息する約50種類の淡水魚を集めた全国でも珍しい淡水系の水族館。
なかでも幻の魚と言われる日本最大の淡水魚イトウが群れで泳ぐ姿は圧巻です。
人工孵化では世界初の白いイトウ(アルビノ)もいます。併設する温泉水族館では
世界の熱帯魚が観察でき、郷土館では留辺蘂町の歴史を学べます。


- 基本情報 -
URL http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011090600061/
営業時間 9:00~17:00
休館日 冬期(11月下旬~4月上旬)
入館料 一般  … 670円
中学生 … 440円
小学生 … 300円
アクセス JR「留辺蕊駅」から温根湯行きバス約20分
住所 北海道北見市留辺蘂町松山4-4
TEL 0157-45-2223
備考 2011年11月6日に閉館。2012年7月7日に
おんねゆ温泉「山の水族館」としてリニューアルオープン
撮影日 2011年10月


- 館内紹介 -

山の水族館・郷土館は道の駅おんねゆ温泉内にあります。
建物外観と入口
「エントランスホール」
「山の水族館」
北海道内に生息する約50種類の淡水魚を集めた珍しい淡水系の水族館。
人間の皮膚の角質を食べるドクターフィッシュの体験コーナーがあります。
ライギョとも呼ばれるスネークヘッドの仲間達やマタマタなどを展示しています。
幻の魚と言われる日本最大の淡水魚イトウが群れをなして泳ぐ姿は圧巻です。
ウチダザリガニやモクズガニ、トゲウオなどが展示されています。
「郷土館」
留辺蘂町開拓時の歴史的資料が展示され、留辺蘂町の歴史を学ぶことができます。
郷土館と温泉水族館をつなぐ通路には、ファイヤー・スパイニールを展示。
「温泉水族館」
世界の珍しい熱帯魚を観察することができます。
ニシキゴイやミシシッピアカミミガメなどを展示しています。
シルバーシャークやキッシンググラミー、アジアアロワナなどを展示しています。
北海道の形を模した水槽の中をキンギョなどが泳いでいます。
休憩室では、3Dアートポスター展示でメガネがいらない立体映像を体験できます。


- 生物紹介 -

白いイトウ(アルビノ)
シルバーシャーク
白いイトウ(アルビノ)
シルバーシャーク
ガラ・ルファ
クラウンローチ
ガラ・ルファ
クラウンローチ
コウタイ
チャンナ・オルナティピンニス
コウタイ
チャンナ・オルナティピンニス

- コメント -
名前   削除キー