稚内市立ノシャップ寒流水族館
稚内市立ノシャップ寒流水族館
日本最北端に所在する水族館。北の寒い海に棲む魚や海獣など51種1,200点を
飼育展示し、飼育数日本最大級のゴマフアザラシやフンボルトペンギン、
クリオネなど北の水族館ならではの展示が特徴です。


- 基本情報 -
URL http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/suizokukan/
営業時間 夏期間(4月29日~10月31日) 9:00~17:00(最終入館 16:40)
冬期間(11月1日~3月31日) 10:00~16:00(最終入館 15:40)
休館日 月曜日
祝日(子供の日及び文化の日は除く)
4月1日から28日、12月1日から1月31日
入館料 一般・高校生・大学生 … 400円
小・中学生      … 100円
アクセス JR「稚内駅」より宗谷バスで約15分
住所 北海道稚内市ノシャップ2-2-17
TEL 0162-23-6278
備考
撮影日 2011年10月


- 館内紹介 -

建物外観と入口
「アザラシ池」
ゴマフアザラシを展示しています。魚をあげることができます。
「ペンギン池」
フンボルトペンギンを展示しています。アザラシショーもここで行われます。
「水族館本館」
北の寒い海に棲む魚などを飼育展示する展示室。
エントランスではクリオネたちがお出迎えしてくれます。
「うみがめの池」
南の海にすむ大きなアカウミガメを展示しています。
幻の魚といわれる日本最大の淡水魚イトウを飼育展示しています。
「稚内周辺の生き物」
オホーツクホンヤドカリやクリガニ、アツモリウオなど稚内周辺に棲む生き物たち。
人間の古い角質や傷んだ皮膚を食べるドクターフィッシュを体験できます。
「暖かい水に棲む生き物」
アジアアロワナやディスカス、アベニー・パファーなど暖かい海に棲む生き物だち。
「他都市との漁族交換たち」
カクレクマノミやハタタテハゼ、デバスズメダイなどを展示しています。
「回遊水槽」
一周45m、深さ1.8m、水量90トンの大回遊水槽では、イトウやカレイが泳ぎます。
「地元漁業をささえる魚たち」
ニシンやスケトウダラ、チョウザメなどを展示しています。
だんごのような不思議な魚フウセンウオを飼育展示しています。
電気ウナギの発電表示装置があり、電気ウナギの放電を観察することができます。


- 生物紹介 -

エゾメバル
スケトウダラ
エゾメバル
スケトウダラ
オヒョウ
イソバテング
オヒョウ
イソバテング
ホッカイエビ
オホーツクホンヤドカリ
ホッカイエビ
オホーツクホンヤドカリ

- コメント -
名前   削除キー