相模川ふれあい科学館
相模川ふれあい科学館
相模川ふれあい科学館は相模川の自然を守りながらよりよい市民の憩いの場として
設立されました。相模川に集い、学び、遊ぶための拠点として、相模川をもっと
よく知り、親しみをもっていただくために多くの生きものを展示しています。


- 基本情報 -
URL http://www.sagamigawa-fureai.jp/
営業時間 9:00~16:30
休館日 月曜日(休日の場合は翌日)
入館料 大人         … 300円
小人(小・中学生 ) … 100円
シニア(65歳以上) … 150円
幼児(小学校就学前) … 無料
アクセス JR「相模原駅」から水郷田名行バスで水郷田名下車
住所 神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1
TEL 042-762-2110
備考 2014年3月26日にリニューアルオープン
撮影日 2011年8月


- 館内紹介 -

建物外観と入口
「エントランスホール」
めざせ!おさかな博士、海・川の宝石箱、ミッキーマウスプラティの親子
「希少淡水魚タナゴコーナー」
ミヤコタナゴやアカヒレタビラなど、絶滅危惧種のタナゴの仲間を展示しています。
「両生類コーナー」
メキシコサラマンダーやトウキョウサンショウウオなど、両生類の仲間を展示。
「水生昆虫の世界」
いろいろな水生昆虫の姿を10倍に拡大して表しています。
「CG水槽」
水槽の中にコンピューター映像で映し出された魚が相模川について愉快に案内。
「水のシアター」
地球上での水の循環をスライドや模型を用いた小劇場で物語形式で紹介。
「カメ水槽」
ニホンイシガメやクサガメ、ミシシッピーアカミミガメなどを展示しています。
「流れのオブジェ」
滝やうずなど色々な流れを組み合わせた装置で、水力発電など川の技術を紹介。
「相模の海コーナー」と「希少淡水魚コーナー」
相模川の終着点、相模湾の生き物たちとふれあい科学館で生まれた生き物たち。
「外来生物コーナー」
カミツキガメなど相模川にやってきた外来の生き物たち。
「流れのアクアリウム」
相模川の上流から下流までの流れと、岩石や植物の変化を演出した40mの水槽。
「タッチング池」と「カブトムシハウス」
ザリガニやカブトムシなどに直接触ったり間近で観察することができます。
「世界のカブトムシ・クワガタ展‘11」
世界のカブトムシ・クワガタたち50種類以上が大集合。ジオラマで生息地も再現。


- 生物紹介 -

ミッキーマウスプラティ
ニジマス
ミッキーマウスプラティ
ニジマス
ロクセンスズメダイ
メキシコサラマンダー(ウーパールーパー)
ロクセンスズメダイ
メキシコサラマンダー
カブトムシ
ニジイロクワガタ
カブトムシ
ニジイロクワガタ

- コメント -
名前   削除キー