琵琶湖博物館
琵琶湖博物館
人間が琵琶湖のまわりにすみついてからはずっと、琵琶湖の自然と共存し、
その恵みを受けながら今日まで独自の文化を発展させてきました。
琵琶湖博物館はそんな湖と人間のよりよい共存関係をめざすための入り口です。
ここから一歩踏み出して琵琶湖の足あとをたどってください。


- 基本情報 -
URL http://www.lbm.go.jp/
営業時間 9:30~17:00 (最終入館 16:30)
休館日 月曜日(月曜日が休日の場合は開館)
年末年始、その他臨時休館有り
入館料 大人      … 750円
高校生・大学生 … 400円
小学生・中学生 … 無料
アクセス JR琵琶湖線「草津駅」下車、烏丸半島行きバス約25分
住所 滋賀県草津市下物町1091
TEL 077-568-4811
備考
撮影日 2011年3月


- 館内紹介 -

建物外観と入口
エントランスとアトリウム
「琵琶湖の魚たちとそのすみか」
琵琶湖のおもな環境とそこにすむ淡水魚を大型の水槽によって紹介します。
「トンネル水槽」
水深6m、総水量400トンの淡水水族展示としては、日本最大のトンネル水槽です。
「琵琶湖のさまざまな生き物」
琵琶湖にすむかわった習性をもつ魚たち、琵琶湖への移入種などを紹介します。
「川や池の生き物」
私たちに身近な水辺である水路や河川、ため池などの生き物たちを紹介します。
「水辺の鳥たち」
琵琶湖周辺で周年みられるカイツブリやヒドリガモなどを見ていただきます。
「よみがえれ!日本の淡水魚」
絶滅危機に瀕している魚を紹介し、自然環境保全の必要性と重要性を訴えます。
「保護と増殖 保護増殖センター」
現在日本国内で絶滅の危機に瀕している淡水産魚類の繁殖方法を研究しています。
「世界の湖の魚たち」
琵琶湖とは異なる魚たちが生活している湖と淡水魚を紹介しています。
「ふれあい体験室」
市街地の水路をイメージした水槽やタッチングプールなど、子供が楽しめる空間。
「琵琶湖のおいたち」
琵琶湖がどのような変遷を経て現在の姿になったのか自然環境の移り変りを展示。
「人と琵琶湖の歴史」
今日まで続いている琵琶湖と人間とのかかわりの歴史を理解するための展示室。
「湖の環境と人々のくらし」
湖と人間というテーマで、琵琶湖地域の自然と人のかかわりを表現する展示室。


- 生物紹介 -

ビワマス
オオクチバス(ブラックバス)
ビワマス
オオクチバス(ブラックバス)
ロングイヤーサンフィッシュ
エンツユイ
ロングイヤーサンフィッシュ
エンツユイ
ナガレヒキガエル
タガメ
ナガレヒキガエル
タガメ

- コメント -
名前   削除キー