和歌山県立自然博物館
和歌山県立自然博物館
自然博物館は、和歌山の自然と生きものを楽しく学ぶ博物館です。
第1展示室は水族館コーナーで、県内にすむたくさんの生きものたちを水槽で
展示しています。第2展示室は標本が中心のコーナーで、動植物、昆虫、貝、
化石・鉱物などを標本や模型で紹介しています。


- 基本情報 -
URL http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/
営業時間 9:30~17:00 (最終入館 16:30)
休館日 月曜日(休日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
入館料 大人   … 460円
高校生  … 無料
小中学生 … 無料
幼児   … 無料
アクセス JR「和歌山駅」から海南市方面行きバス「琴の浦」下車すぐ
JR「海南駅」から和歌山市方面行きバス「琴の浦」下車すぐ
住所 和歌山県海南市船尾370-1
TEL 073-483-1777
備考
撮影日 2010年11月


- 館内紹介 -

建物外観とニタリクジラの骨格標本
「入口ホール」
四季折々にトピックス的な展示をしています。
「きらめく海の世界 和歌山県の海」
きらめく海にすむ美しい魚たち。カラフルな魚たちがお出迎えしてくれます。
大水槽「黒潮の海」
幅15m、一枚ガラスの大水槽。まるで海中に身を置いたかのような臨場感です。
「群れる魚」
群れをつくるイワシ。イワシは外敵から身を守るため、群れを作り行動します。
「沿岸の生きもの」
和歌山県南部のサンゴ礁などにすむ色とりどりの魚たち。
「和歌山の海・魚と棲み家」
紀伊半島の海の特徴を表現した水槽が並んでいます。
「手で見る魚の国」
目の不自由な方も、模型やはく製を手でさわりながら観察できるコーナー。
「潮間帯」
ウニ、ヒトデなどの生きものに触れることができ、潮の満ち干も観察できます。
「水辺の植物コーナー」
休憩室のベランダでは、和歌山県の水辺でみられる植物を植栽展示しています。
「いろいろな生物」
たくさんのおもしろい生きものがいっぱい。小さな水槽の中を覗いてみて下さい。
「深海の生物」
日本の太平洋側に生息する世界最大タカアシガニなど、深い海の生きものを展示。
「池や川」
様々な淡水の生きものがいます。ナガレホトケドジョウなど稀少な生きものも展示。
「第2展示室」
動・植物、昆虫、貝、化石などいろいろな生きものを標本や模型で紹介しています。


- 生物紹介 -

アリゲーターガー
オジロバラハタ
アリゲーターガー
オジロバラハタ
ハナイカ
メジロダコ
ハナイカ
メジロダコ
アカボシヤドカリ
ワニガメ
アカボシヤドカリ
ワニガメ

- コメント -
名前   削除キー