葛西臨海水族園
葛西臨海水族園
七つの海の生き物たちが驚きでいっぱいの水中の旅へ、みなさんをご招待します。
世界中の海から代表的な生物が集められた多様性に富んだ水族館。
なかでも2,200トンのドーナツ型水槽で群泳するマグロたちは圧巻です。
また、生物を楽しく鑑賞するための数々のプログラムが用意されています。


- 基本情報 -
URL http://www.tokyo-zoo.net/zoo/012/
営業時間 9:30~17:00 (最終入館 16:00)
休館日 水曜日(休日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月1日)
入館料 一般    … 700円
中学生   … 250円
65歳以上 … 350円
 ※小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料
アクセス JR京葉線「葛西臨海公園駅」下車徒歩5分
東西線「葛西駅」「西葛西駅」から都バス「葛西臨海公園行き」
住所 東京都江戸川区臨海町6-2-3
TEL 03-3869-5152
備考
撮影日 2009年9月


- 館内紹介 -

建物外観と入口
「大洋の航海者(サメ)」
エントランスの大水槽ではアカシュモクザメやイワシの群れが迎えてくれます。
「大洋の航海者(マグロ)」
2,200トンのドーナツ型大水槽で群雄する大洋の航海者マグロ。
「世界の海」
太平洋やカリブ海など世界中の海の代表的な生物を鑑賞することができます。
「深海の生物」と「北極・南極の海」
海性甲殻類を展示する深海の生物と熱帯の珊瑚礁から氷に覆われた北極や南極。
「渚の生物」
波が打ち寄せる関東の磯が再現されており、タッチングプールなどもあります。
「ペンギンの生態」
フンボルトペンギンやフェアリーペンギンなどが泳ぎ回る日本最大の展示場。
「海藻の林」
ゆったりとした雰囲気の中で、迫力あるジャイアントケルプが生い茂っています。
「タッチンフィーリン」
サメとエイにふれて感じるふれあい水槽。
「東京の海」
東京湾から小笠原まで、東京に生息する様々な海の生物を鑑賞することができます。
「クラゲの生態」
漂うように泳ぐ様子が優雅で美しいクラゲ。
「海鳥の生態」
北半球の冷たい海の上で暮らす海鳥たち。


- 生物紹介 -

アカシュモクザメ
マグロ
アカシュモクザメ
マグロ
メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)
クィーンエンゼルフィッシュ
メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)
クィーンエンゼルフィッシュ
スポッテッドラットフィッシュ
ヘラヤガラ
スポッテッドラットフィッシュ
ヘラヤガラ

- コメント -
名前   削除キー