志摩マリンランド
志摩マリンランド
海はあらゆる生命のル-ツ。海の美しさ、楽しさ、神秘さをあらゆる角度から
探り、海の生きものたちの過去から現在までの姿を紹介する水族館です。
海の生物の化石などを展示して、地球と生物の歴史を紹介する古代水族館と
現代の世界各地の珍しい海の生き物たちを飼育展示する水族館からなっています。


- 基本情報 -
URL http://www.isesima.com/M-rand.htm
営業時間 9:00~17:00
 ※7月・8月は 9:00~17:30
休館日 年中無休
入館料 大人       … 1,250円
中高生      …  700円
小学生      …  500円
幼児(4歳以上) …  300円
アクセス 近鉄「賢島駅」下車徒歩2分
住所 三重県志摩市阿児町賢島
TEL 0599-43-1225
備考
撮影日 2011年11月


- 館内紹介 -

入口
「ペンギン島」
マゼランペンギンなど、かわいい5種類のペンギンたちが出迎えてくれます。
「干潟の生物」
内湾や河口の浅瀬にはたくさんの生物たちが棲んでいます。
「水族館本館」
現代の世界各地の珍しい海の生き物たちを飼育展示しています。
「エントランスホール」
人の皮膚の角質を食べるドクターフィッシュのコーナーや賢島神社水槽があります。
「古代水族館」
太古の海へタイムトリップ。地球と生物の46億年の歴史をダイナミックに紹介。
「ウミガメ水槽」
3種類のウミガメが泳いでいる姿を真上から鑑賞することができます。
「サンゴ礁の魚」
カラフルなチョウチョウウオたちが乱舞するサンゴ礁水槽。
「近海の魚」
鋭い歯のウツボや発光魚マツカサウオなど志摩半島近海の魚類水槽。
「冷水域の生物」
巨大なミズダコや深い海のヒゲツノザメなど冷水海域の生き物たち。
「サンゴ・エビ・ヒトデほか」
幸運を招く黄金のオニオコゼなどを展示。クラゲコーナーもあります。
「熱帯淡水魚」
アマゾンの人喰い魚ピラニアや目が四つのヨツメウオなどが展示されています。
光る貝などの無脊椎動物や天然記念物オオサンショウウオなどを展示しています。
「回遊水槽」
魚の大群が泳ぎ続けるド-ナツ型の回遊水槽では海底散歩の気分が味わえます。
秋季特別展「水の中の動物園」
ライオンなどの陸上の動物や鳥の名がつけられた魚たちを集めた動物園を展示。
「マンボウ館」
一番の人気者マンボウ。大きな体でのんびりと泳ぐ姿はいつまでも見飽きません。
ピラルクなどのアマゾンの巨大魚やノコギリエイ、ヘラチョウザメなどを展示。
「ケヅメリクガメ」
ガメラの赤ちゃんとして映画に出演したケヅメリクガメを飼育展示。


- 生物紹介 -

マンボウ
フエヤッコダイ
マンボウ
フエヤッコダイ
アカククリ
ミミイカ
アカククリ
ミミイカ
オウムガイ
黄金のオニオコゼ
オウムガイ
黄金のオニオコゼ

- コメント -
名前   削除キー